x 〒359-0044 埼玉県所沢市松葉町23番20号
 = 電話 : 04-2994-8118 W FAX : 04-2994-8119

HOME > 親族間の不動産売買 > 重要事項説明書作成

親族間の不動産売買

親族間不動産売買時・重要事項説明書作成

親族間の不動産売買(売主と買主が親子・兄弟姉妹・夫婦・叔父叔母・祖父母などの関係にあり、上記の方々の間で不動産売買をするケース)にて住宅ローン(都市銀行・地方銀行・信用金庫等の金融機関)を受け付けていただくためには、金融機関から適正な価格や法的に問題のない取引であるかの審査が厳しく、売買価格の客観性や物件の法適合性を確認できる重要事項説明書の提出を売買契約書に加えて求められるケースがほとんどです。

当事務所では、不動産業界での仲介営業及び営業所での専任取引主任者としての豊富な経験を有する行政書士・司法書士・宅地建物取引士である国家資格者が重要事項説明書を作成し、宅地建物取引業法第35条により求められている説明や記名押印も行います。

実務上、親族間の不動産売買で住宅ローンを組む場合、その理由についての合理性まで説明を求められるケースも多いですが、当事務所では適切に説明対応できます。
重要事項説明書の作成は不動産売買契約書の作成も同時にご依頼された場合にお受けできます。

費用(報酬)は、不動産売買契約書の作成も併せて16万5千円(消費税込)か、不動産売買契約価格の1パーセントのどちらか高いほうの金額となります。